絶対にわかる!ソーラーアーク占星術(賢龍雅人)(全2本)

講 師:賢龍雅人
時 間:約230分
受講料:16,500円(資料含)
 


確実に未来予測する!ソーラーアーク技法を徹底的に学ぶ

西洋占星術の数ある未来予測法の中で、まだあまり書籍などで紹介されていないのが
「ソーラアーク・ディレクション」という進行法です。

日本では3重円(出生・進行・経過)
定番のセカンダリー・プログレッションの方が知られているかもしれませんが、
その根本的な法則は、セカンダリー・プログレッションより古く、占星術の技術の発展と共に進化してきました。

その未来予測を代表とする精度の高さから、出生時間の修正(レクティフィケーション)にも使われています。

さらに、フランク・クリフォード氏(ロンドン・スクール・オブ・アストロジー学校長)の発明した
ソーラアークの応用テクニック「シャドー・トランジット」についてもご紹介します。

後半では、実際のチャートで実例をあげながら、どなたでもわかりやすく実践を交えて学んでいきます。


ソーラーアーク・ディレクションとは

「太陽の1日の移動距離(アーク)は、出生図の全ての感受点の1年の移動距離とする」
上記を前提に、チャートを進行させます。
そして2重円で出生図との感受点間のアスペクトで現象をリーディングする技法です。

ちなみに太陽の一日の移動距離は、夏生まれと冬生まれの方では違います。
夏場は太陽の1日の移動距離は早くなり、冬場は遅くなります。
つまり、生まれた季節によっても運命は変わってくるのです。


ソーラーアーク・ディレクション

出生図の太陽の1日の移動距離 = 出生図の全ての感受点の1年の移動距離と同じ物とする

セカンダリー・プログレッション

出生図の1日の移動距離 = 出生図の1年の移動距離と同じ物とする

購入する(16,500円)

視聴期限は購入後14日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • プロジェクタ画面前半.pdf(740.86 KB) 
  • プロジェクタ画面後半 1:2.pdf(599.24 KB) 
  • プロジェクタ画面後半 2:2.pdf(255.68 KB) 
  • 未来予測ソーラーアーク占星術.pdf(14.45 MB) 

このセットの動画一覧

関連動画