全8回 ウェイト版タロット図像マスター(伊泉龍一) (全27本)

講師:伊泉 龍一
時間:約160分/回/全8回
受講料金:48,000円(4回分) 90,000円(全納割引)※資料含む

◆ウェイト版タロット大アルカナ22枚の図像の世界

 

「タロット大全」の著者・伊泉龍一先生ならではの
タロットの真髄を学べる講座を企画しました。
占い鑑定のみならず、タロットのレッスン、講座等の指導に
従事されている方、またはこれから指導者を目指される方に
とっては欠かせない、ウェイト版カードの図像解釈を学べます。
占いをする技法としてのタロットから
さらに深い知識を身につけることで、ご自身のブランディングにもつながります。

日本でも最もポピュラーなタロットと言えば、「ウェイト版(ライダー版)」です。
非常に魅力的デザインであるため、初心者向けとされがちなウェイト版ですが
実はそのカードの一つ一つのモチーフには
グノーシス主義、カバラ、マルティニズム、錬金術、占星術などの
影響を受けた作者であるアーサー・E・ウェイトの神秘思想が
非常に緻密に計算されて込められています。

この講座では、「ウェイト版」のシンボリズム解釈の序論として
1910年に出版された作者自身による
解説書『タロットへの鍵(Key to the Tarot)』を手掛かりにしながら
一般的なタロットの入門書では語られることのない
そこに秘められた意味を浮き彫りにしていきたいと思います。

実際の講座では、難解とされる『タロットへの鍵』を、慎重に日本語訳し
注を付したテキストをお配りしますが、それを熟読すると
現代の一般的に広まっているウェイト版の絵のシンボルについての解釈の多くが
作者自身の意図とはまったく異なるものとなっていることに驚かれることでしょう。
また、十九世紀後半のオカルティズムの流れの中で
エリファス・レヴィや黄金の夜明け団の思想や象徴体系を意識しながら
あえてそれとは異なる独自のタロットであるウェイト版が作られるようになるまでの
歴史的背景も説き明かして行きます。

原典に記されたウェイト自身の言葉を理解していく内に、これまで思いもしなかった
「ウェイト版」に秘められた深い意味を実感していただけることと思います。

購入する(90,000円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は購入後112日間になります

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • ウェイト魔術師から恋人たち.pdf(932.76 KB) 
  • ウェイト版戦車から運命の車輪.pdf(240.83 KB) 
  • ウェイト版運命の車輪、正義、吊るされた男.pdf(226.03 KB) 
  • ウェイト版死から悪魔.pdf(193.78 KB) 
  • ウェイト版塔~太陽.pdf(215.19 KB) 
  • ウェイト版審判愚者世界.pdf(221.16 KB) 

このセットの動画一覧

関連動画